去年のうちに届いてたが
2009 / 01 / 10 ( Sat )
一部地域より年賀状でマニアックすぎてコメントでけへんw と頂きましたが、人と同じ物や 事をするのは好きではないので、たぶんこのままです。

mixiにも書いた事ありますが、頭の悪そうな行動や言動なんか男のガキんちょ其の物ですが、どんなに歳とろーが、基本男はそんなもんですw
ま、こーゆー 本質をうまく隠して女性に接する男性がもてるってコトは事実ですが、正直めんどーでやってられまへん
しゃーないなーこの人は、って思える人はコメントやり、なんなりで、お付き合い頂ければいいかと思います。よろぴく


本題。
去年注文で年末ギリで届いたHDD。最近ずっとWD製買ってたが、久しぶりにシーゲート製。


型番 ST31000333AS
http://www.seagate.com/ww/v/index.jsp?vgnextoid=c9d88cf6a794b110VgnVCM100000f5ee0a0aRCRD&locale=en-US
専門学校でこの手のを習ってたので、スペックは読み取れますが、スペックマニアでもないので読み書きして壊れなかったら良いです。一応シーゲートなので5年保証ありますし。


しかしパソコン触ってると避けれない所なので、最低限の説明を〜
容量 1TB(テラバイト、まさかココまでくるとわ、今の技術で5TBまで可能みたいです。)
I/F(インターフェイス) シリアルATA300(前はジャンパーピン付属してたが、今回のは無かったな〜。半分のスピードで動かす人も少ないから、ま、要らないね)
回転数 7200 rpm(車のタコメーターと同じ、1分間でどれ位の回転数か。WD製の1TBは、5400〜7200可変タイプのよう。)
キャッシュ 32MB(ハードディスク読み書きスピードアップの為に、本体に書き込むまでに一時的にデータをストックする場所。iPodクラシックにも入ってて、再生中に次の曲を読み込んだりしてる。データの大きいエンコード方式を選ぶとバッファメモリを越えるのでシークが増えて電池がよく減る様になる)
プラッタ 3枚(メーカーや型番により1枚から4枚入ってる金属の薄い円盤。ココへデータが入ってる。実物見ると手荒に扱ったら駄目やなーと痛感出来ます)

実際、容量の単位だけでも覚えておいた方が良いと思います。M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)。しょこたんが、使ってるやつですねw


でも、ホントに5年保証付いてるか、念の為公式でシリアル打ち込んで確認〜。
最近日本語ページも出来てるんだね。助かりますわ。
http://www.seagate.com/www/ja-jp/

ケースに入れて、フォーマット、ディスクチェック。流石1TB ながい・・・
ディスクチェックは、winの方がフリーソフト沢山あるのでBoot Campでやっとります。
http://www.hdtune.com/
日本語パッチも探すとすぐに出て来るかと思います。
Boot Campで思い出したが、来週当たりにwindows7のβがアップされるようだが評価が気になる所、駄目だと判断したら今月末で販売中止になるOEM版XP もう1個ストックで買っとこかな、パッケージ版は1個持ってるが、当分Macで行くつもりやし、2台目買ったときの保険に。

iMacも値段の安い、eSATA接続できると速くて安く済むんだがな〜。秋葉館のケース注文しちゃったけども
パソコン(MacとWin) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |