ガーデラの検索が多いなw
2008 / 07 / 30 ( Wed )
サックスのマウスピースですが、高精度のデイブ・ガーデラと言うのがあります。



もとは、デュコフを使ってたブレッカーが、もっと使い易い物を・・・
って事で、ハイチューン高精度版として使いだした物ですが、世界中にはマイケルブレッカー好きが沢山いてましてw


おろ?アレ何、何??と噂になって、買って使いだすと開きが大きいにも関わらず、精度の落ちたオットーリンクより、当たり外れもなく更に扱い易い〜、デュコフの左右シンメトリーになってないのと大違い〜など評判となって、ハンドメイド、レーザートリム共に高価格になってしまった品物です。
プロの人の愛用者も多い。


★値段間違ってませんよw こんな値段ですww★

YAMAHA渋谷にもまだ在庫あったと思う。

テナー吹くなら、、、むちゃ高価ですが、在庫があればかっとけー、と言われる物ですね。
マウスピースは、在庫切れると定番商品のセルマーやメイヤーでさえ、暫く入ってきません。フランス、アメリカからの輸入ってこともあるのですが、手で仕上げてる為に生産数が多く無いようで、店頭在庫があるうちに買うのは常識なのです。
在庫1個になったら選定も出来ませんしね、ガーデラの場合は選定要らずですが。


マッピの開きの一覧表を持ってるんですが、全部書いてられへんw
今回は、ガーデラのみ書いてみます。

ガーデラは、1モデル1ティップオープニング、SPとGP仕様があり、下から行くと。

CRESCENT 2.40
TRAD 2.65
MB 2.75
MB2 2.90
STUDIO 3.05

になってます。
用語説明居る人は、手出さないでしょうし。本気で欲しいのなら調べるでしょうw
定番オットーリンクメタルの7☆は、2.55です。


SAXとEWI | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
アマゾンの買い物
2008 / 07 / 29 ( Tue )
数年前までアマゾンの買い物は、クレジットカードで買ってたのですが、去年からEdyを使ってます。
http://www.edy.jp/


Edyカードは、ANAとゆうちょ銀行の2枚持ってますが、メインはANA、ANAのEdyで買うとマイルが付いてくるからです。
ANAマイレージクラブもクレジット機能がない場合、発行料は無料だったと思います。


クレジットカードからEdyへのチャージでクレカ分のポイントも当然入ります。クレカも少し前までJCBが使えなかったですが、今は使えるようになったようです。
普通にお金で買うより2度お得。コンビニでも使えるのでチャリ銭を増やしたく無い人にもお薦め。


クレカでチャージするには、

サパリが、必要になってきます。

winパソコンに繋いで家庭でチャージ、支払い、履歴が、出来るようになり便利。MacでもBoot Campで使えますよ。
電車で使うICOCA、PASMOの残高や履歴も見れます。


それと、プレステ3に繋いで使えるんですね〜コイツ。
プレイステーションストアで欲しいのがあれば、サパリを繋げてEdy載っけて、プレステ3本体へチャージ
んで、購入!
ネットワークカードを一々買いに行かずに済む。
ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワイングラス
2008 / 07 / 27 ( Sun )
ワインは、そんなに詳しくもないんですが、かなり昔に買ったリーデルのグラスです。
http://www.wineac.co.jp/riedel/




リーデルは、年式によってマークが微妙に違います、それと中心部分が赤色と透明とで、値段がダンチです。


家でワイン飲む時は、このグラスを使うのですが、かなり薄く出来てます。
実際試してみればわかりますが、グラスの薄さは、美味さを増します。

ビールでも入れ方が有りますが、グラスに注ぐとまろやかになりますね〜
同じビールでもより美味くなるのであれば、グラスに入れます。缶のまま飲むより更に美味いですよ! ギネスなんかグラスくっ付いて売ってますね〜。あのグラスもずっと使えるし、注ぐと泡の出易いように作られてるので、お得です。


もっと拘るなら、ワインは、赤、白でグラスを換えた方が、更に持ち味を引き出します、私はそこまでワイングラスにお金掛けてませんが

このグラスで飲むと、安心して飲めない・・・・
酔っぱらってても、他の人に割られたく無いと言う理由で、必ず自分で洗ってると言うw


ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ジャズ
2008 / 07 / 22 ( Tue )
クラシックに比べると圧倒的に歴史が浅いのですが、どのジャンルも吸収するなんでもありの世界、最近ご飯食べに入るとBGMは、ジャズって店多いですよね?
あ、チェーン店は除きますW


話しを邪魔しない感じで、耳を澄ませば、
あーー、コレか。
とか、
始めて聴くのー。
など。



年代的に行くと
1900年頃〜
ジャズ発祥の地ニューオリンズ→メンフィス→セントルイス→ミシシッピー川を北上して行きます。

1920年頃〜
デキシーランドジャズ、ブギウギ

1930年頃〜
スイングジャズ
ビッグバンド(デュークエリントン楽団、グレンミラー楽団が有名)。
ジャズボーカル(ビリーホリディ、エラフェッツジェラルド)

1940年頃〜
私の好きなビバップの時代です。 ディジーガレスビー、チャーリーパーカー、セロニアスモンク、バドパウエル
ジャズボーカルでも、 サラボーン、カーメンマクレイ、ペギーリー、ナットキングコール

1950年頃〜
クールジャズ。 スタンゲッツ、ジョージシアリング
ウエストコーストジャズ。 チャットベーカー、アートペッパー、ビルエバンス、
これも好きなんだが、ハードバップ。 ソニーロリンズ、アートブレイキー
ボサノバ。 アントニオカルロスジョビン

1960年頃〜
新しい切り口やなんでも在りの世界W
モードジャズ。 マイルスデイビス、ジョンコルトレーン
フリージャズ。 知らんぞW 
クインシージョーンズ、ポールデスモンド辺りか?

1970年頃〜
フュージョン。 私も好きな、サンボーンだなW




基本ジャズの中でも激しいジャンルが好きなんですね、
ゆっくりなのも好きですが、ビバップ、ハードバップ、フュージョン、ファンクが好きです。
プレイヤーで行くと
iTunesに入ってる名前のコピペで行く、何日にも分けて書いてきたが、疲れてきたし

Charlie Parker & Dizzy Gillespie
David Sanborn
Cannonball Adderley & Kenny Clarke
Maceo Parker
Jaco Pastorius
Stan Getz
Charles McPherson
Phil Woods
John Coltrane
Sonny Rollins(この二人はコルトレーン派とロリンズ派に分かれる事が多いが、私は基本アルト聴く人なので〜こだわりなしW
Kenny Garrett
Jackie McLean
Herbie Hancock
Gordon Goodwin's Big Phat Band
Miles Davis
色々抜けてそうだが・・・


この中で聴き易いのは、ハンコックかな(ピアノやし)ウォーターメロンマンが有名



サンボーンは、
サックスでは現役トップでしょうねー、ブルーノートが名前変わり、今はビルボード ライブになっても、MUSIC FEE 自由席でもトップクラスの値段とります。他にプロデュースで色々やってるから、名前を知ってる人は多いはず。聴き易いが、メタルマウスピースでいつもの『ギャー』が絶対あります あれを入れてくれんとサンボーンではない。
楽器は、アメセルマーク6
マウスピース 言わずと知れたデュコフ

Verve移籍第1弾


日本盤が先攻発売、US盤はちょい遅れ。
安いUS版待っとるよぉ〜




チャーリーパーカー(バード)は、
演奏も凄いんですが、作曲の才能もあったので天才とされてる人物です。聴くとタンキングのキレが半端ねぇ〜〜、この人は、譜面通り吹かなかった最初の人物で、アドリブかましまくり、同じ時代のディジーガレスビー(デイズ)と音楽を発展させて行きます。
ベース、ジャコパストリアスのドナリーもバード作曲。
楽器は、コーン
マウスピースは、ブリルハート トナリン、ともストームラインとも言われてます。

Salt Peanutsは、楽しくて好きな曲です。バードは少し遅刻してから来ますw
ライブ盤なので熱いね!




メイシオパーカー
ジェームスブラウン(JB)の楽器隊を任されてたが、メイシオが入ってからリズムのキレが変わってます。古いJBのと比べるとわかる。
ファンク好きなら外せないやろー。
このリズム感は、絶対真似出来ない!
今はプリンスのバックで吹いてるのをたまに見るな〜、自らのバンドでもブルーノートで観客をスタンディング出来る数少ない人だろうーW
楽器は、フラセルのマーク6
マウスピースは、ブリルハートエボリン(これが私もエボリン欲しい理由だW)

Life on Planet Groove Liveは、レコードだとしたら、すり切れる位聴いてる。
キャンディ ダルファーとの掛け合いは、キャンディのメタルマウスピースとメイシオのラバーマウスピースの音の違いが、面白い所。
曲は、もろJBです。




Gordon Goodwin's Big Phat Band
ビッグバンドなんだが、ゲスト参加してる人が強烈なんですわー。サンボーンやマイケルブレッカー、ボブミンツァー、完成度はぴか一。
http://www.gordongoodwin.com/

俺持ってるのどれやっけか。。。
USとかUKとか色々あります。基本USの方が安い。



Lifecycle [Import] [from US]



テナー聴くなら、コルトレーンとロリンズは、外せない。ソニーロリンズは今年も日本来てたな・・・ええ歳やのに凄いわ
http://www.sonnyrollins.com/



マイケルブレッカー
個人的にテナーのトップはこの人だろー。
ジャズは勿論、他のロック、ソウル、ラテン、どんなジャンルやらしても抜群に上手い、残念ながら57歳で去年亡くなってしまった。。。
SMAP 009にも参加してる、何故話題に持って来るか、そりゃ、ま、SMAPなら誰もが知ってる、キャッチーな理由ですね〜
ドラムはオマーハキム、ギターはレイパーカーJr、でサックスはブレッカーです。周りで超一級のエゲツナイ事やられてSMAPも可哀想にw 逆に同情するぞ。



矢野沙織
この人より上手い日本人は沢山いるが、ジャンルが古いビバップをやってくる
20代、女性、ってのがテレビにも取り上げられる要素だが、本人もそれを自覚してるようで、私をきっかけでジャズを聴いてくれる人が増えると嬉しいと言っとった。若いのにちゃんと分かっとる。
昔の曲だが、アレンジを上手くやってきてるので非常に聴き易い。
アルバム重ねるごとに音色は変わってます、楽器もセルマーマーク6→コーン6M→コーン26Mと来てるのでその要素もあるんだろう、マウスピースはブリルハート



ジャズCDは、大体買う事になるんだが、この人のは、割とレンタル屋でも置いてる




本田雅人
前に魅力は書いたから、もうええなー
フラジオ域の音のぶっとさ、上手さは、誰もが知る所。ライブのMC中にお遊びでマウスピース単品だけで簡単な曲吹いてましたよ それも手に持ってるマッピ角度も変えずに口のコントロールだけで、、、、、、化けもんかW
楽器は、
アルトサックス
フラセルマーク7、ヤナギサワメタル。
コーン6M、ヤナギサワラバー。

テナーサックス
セルマースーパーアクション80、ガーデラ。

バリトンサックス
セルマーマーク6、ヤナギサワラバー。

ソプラノサックス
ヤナギサワS9030、ヤナギサワメタル。

クラリネット
クランンポンR-13、バンドレン

トロンボーン
ジュピター、コーン

トランペット
バックストラディバリウス、ボブリーヴス

フリューゲルホーン
ヤマハ、ワーバートン

EWI
アカイEWI3020
アカイEWI4000S

縦笛
ヤマハとアウロス

楽器多すぎる・・・・・・



音楽 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
テレビ配線、何気に疲れるぞ。その2
2008 / 07 / 19 ( Sat )
部品届いて、取り付け完了!!
配線がほぼ外で暑いのなんのって。

接続内容は、はしょりますw
んなもん写真撮ってる暇あるかぁー、アホ〜。倒れるわー


アンテナ単品で使ってる、37ZV500
関テレが家だと一番低いので、比較で使ってます







2分配した、42Z2000




BS/CSは大体同じだが、地デジが利得すくない。



2分配した、リビング側、32C2000




20メーター位引っ張ってるので、更に落ちてる。でも40あれば地デジもブロックノイズでないので大丈夫ぽい。

これで3台とも完璧になりました。
地デジは、通常映る分とプラスして、NHK神戸、サンテレビ、和歌山テレビ?が、入るオマケ付きでした。



後、気づいたのが、ZV500の起動時間やチャンネル換えるタイムラグが、ほぼ無い事。
Z2000とC2000は、電源入れてからプリーズ ウエイト〜って出て、初期設定弄るボタンが表示されるまで、かなり待たされるんですが、ZV500はすぐに出るチャンネルもレスポンスが非常に良い!
画質もおまかせ設定でかなり綺麗、この辺技術の進歩を感じます。


でも筐体は、少しチャチになってますね、前のはつや消しでも高級感ありましたが、新しいのはつや有りでも遠目で見るには大丈夫ですが、触ると分かります。

後ろの接続端子群も新型は、きっちり場所が集まってるんですよね。ってことは、基盤1枚に出来るだけ集めてる感じ。恐らく、コストダウンに効くんでしょうね〜
でも、AVアンプとか使ってる人は分かるんですが、集まりすぎると挿しにくい。
今後は、HDMIが主流になっていくのでケーブル1本ってのが普通になるので杞憂かな。でも昔の機器を使いたいって人は、あのハガキ大サイズに端子集まって使い辛いだろーな〜。

前の機種は、イーサネットケーブル、アンテナ線、映像ケーブル類なんか、離れてるので使い易いですね〜。
AV | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ